1. TOP
  2. 五橋ブログ
  3. 今日の五橋

今日の五橋

今日の五橋

外来語は難しい【1047杯目】

2005年10月 7日(金)

時々(?)行われる外来語の言い換え。
今朝の新聞でもいくつか発表されていましたが、
どうしたもんでしょうかねぇ。

すっかり定着した感のあるリバウンドや、ヒートアイランドなんかも言い換えの候補に挙がってますけど、
いまさら「揺り戻し」、「都市温暖化」なんていわれても、という気がしないでもないです。
カタカナ語を使うことに優越感を感じたり、
実態のない満足感を得たりしている方があるから、今の状況になっているのだろうと思います。
そういう方に出会って、偉そうにカタカナ語を使い出したら、「それどういう意味ですか?」と聞けばいいんです。
意味を教えてもらえればそれで一つ知識が増える。
相手が意味を知らずに使っていたのであれば、辱めることができる(そんなことしなくてもいいですが)。

いまだに舶来崇拝主義を背負っている輩がいるわけでございます。
日本人に組み込まれたDNAなのでありましょうなぁ。

ところで、この外来語の言い換えの中で。
「リユース」「リデュース」「リターナブル」という言葉も入っておりました。
それぞれ「再使用」「ゴミの発生を未然に防ぐ」「再度使用可能」といった意味なのでしょうが、
これらの言葉の認知度はA、B、C評価で、いずれもCでございました。

これらは全てリサイクルにかかわりのある言葉です。
21世紀は「環境の世紀」だなんて言っていましたが、どうやらこれは認識違いのようです。
リサイクルの基本キーワードがあれだけ知られていないとは・・・

五橋が数年前から本醸造の生酒用にリターナブル瓶を採用し、
「お酒の瓶は酒屋で回収を」と呼びかけていたのに、反応はいまいち。
その理由が分かりました。
リターナブルだとかリユースの意味が分からなかったんですね。

そういえば10月はリサイクル推進月間。
リサイクルに関する更新もどこかでやらないといけませんなぁ。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 外来語は難しい【1047杯目】

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.gokyo-sake.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1150

コメントする




バックナンバー

五橋 -GOKYO-

五橋とは

五橋製造工程

トラタン村

樽OK

五(five)とは

五橋ブログ

蔵元見学

イベント情報

メディア掲載歴

蔵元だより