3.桶OK

桶はイマ!

ザ・クイズショー

2009年11月24日(火)

本日、今年初めて、木桶に仕込みました。
木桶仕込みならではの味わいが非常に良い評判をいただいているため、他の酒へのブレンド用にも仕込んだというわけです。

IMG_3290.JPG

ん!!!?
写真の奥にもう一つ木桶らしきものが・・・!!!

そうです!この夏に蔵人全員で作成に関わらせていただいた吉野杉の木桶が横に並んでいるのです!
ここで以前から予告していたクイズです(^皿^)

IMG_3291.JPG

向かって左側が錦町産の杉の木桶、右側が吉野杉の木桶です。
吉野杉ならではの理由から、ある部分が違っているのですが、それはどこでしょ~か!

気になる正解は次回の更新の際にお伝えしたいと思います。(木桶下の支えているものの違いは関係ありません)

(製造部 片山)

 

戻し

2009年10月31日(土)

今年は11月の中旬には一回目の木桶仕込が待っているため、もう既に、乾燥していた木桶を戻しています。

IMG_3254.JPG

これは昨日の状態ですが、こんなに漏れていては、とてもとても酒など仕込めません。
これでもまだ戻ったほうで、水で戻していく前などは、もっと隙間が空いていて・・・

しかしご安心を!
木の膨張率は約1%・・・弊社の直径2mの桶の円周6.28mですと、乾燥した状態と水を含んだ状態とでは、6.28cmも延びるのです!!!
なので、隙間は1~2mm空いていて、ちょうどいいといったわけなのです(^-^)

蔵に見学に来られた方や、弊社の蔵人でさえも「こんなに隙間が空いているが大丈夫か?」と心配していただきましたが、11月の仕込みまでには、完璧な木桶に仕上がっていますので、ご心配なく(^ー^)
(製造部 片山)

 

木桶2本目 納入

2009年8月26日(水)

本日、2本目の木桶が納入されました!
今日はテレビ、新聞と、昨年よりたくさんの報道陣の方が見えられ、木桶のことについて熱心に取材をしていただきました。

IMG_2816.JPG IMG_2826.JPG

今回の木桶は前回の底に比べてすっきりした印象となりましたが、その分、風格が漂っているようにも感じられるのは私だけでしょうか!?

IMG_0281.JPG IMG_2830.JPG
1本目の底         2本目の底

今回も社員全員で集合写真を撮った後、蔵の中に据えられたのですが、まだ仮置きで、2つの桶は単独でいる状態です。
2つの大桶が並んでいる光景が見られる日が待ち遠しい!!!

DSC00005.JPG

 

木桶納入日 決定

2009年8月 5日(水)

今、大阪堺市で待機している木桶の納入日が決まりました!!!
今月の26日の水曜日、午前10時より、前回と同じように社長の手によって桶の底に一筆入れられた後、蔵の中へ据付となります。

IMG_2688.JPG
(完成したての2本目の木桶   大阪堺市のウッドワークにて)

この儀式は会社の入り口付近で行う予定ですので、運良くその時簡に会社の前を通りかかられた方は、普段は見られない大桶の底を見ることができるかもしれません(^皿^)

 

2本目製作

2009年7月 7日(火)

先々日、前回もお世話になった大阪堺市にある、「ウッドワーク(藤井製桶所)」にて2本目の木桶が完成しました!!!

前回は製造部の片山が、一人で桶作りの現場を体験してまいりましたが、今回は製造部5人でお邪魔し、一部の作業を体験・見学させていただいて来ました。
タガ作りに始まり、カンナがけ、底込み・・・と、わずかながらも桶作りの現場に全員で関わったことで、それぞれが木桶に対する思い入れや、職人さんの思い・姿勢など学ぶところが多く、これからの酒造りにおいてもプラスになったことと思います。

IMG_2637.JPG IMG_2645.JPG IMG_2668.JPG IMG_2679.JPG

また、1本目の木桶は岩国市錦町産の杉を使用しましたが、今回の木桶は「吉野杉」で作っています。
職人さんのお話だと、「アクが少ない分、管理は楽だと思う」ということでしたが、出来上がる酒にも2つの木桶の間でどんな差がでてくるのか今から非常に楽しみです(^皿^)

更に、今回の吉野杉の木桶と1本目の木桶は、もちろん外見からも見分けることができます!
わずかな違いですが、この違いにもちゃんとした理由があるのです。
もし分かった方がおられれば、すぐにでも桶職人への道をオススメさせていただきたいところですが、この話題につきましては、また納入された後、クイズ形式にて出題したいと思いますので、ぜひお楽しみに!

IMG_2686.JPG IMG_2688.JPG
写真前方、左から桶師の「藤井泰三」さん、静岡県青島桶店の「青島さん」、後方、製造部の5名です。

 

乾燥

2009年5月14日(木)

こちらではお伝えしませんでしたが、2回目の仕込みも無事に終え、木桶はイマ、きれいに洗ったあとの乾燥段階に入りました。

IMG_2068.JPG

このブログをよ~く見てくださっている方ならお気づきかと思いますが、今年は横向きにしての乾燥させています。
昨年までは立てたまま乾燥させていたのですが、中に太陽の光が当たってしまうと、「日向香(ひなたか)」という匂いが付いてしまうということで、常に桶の底を向けながら乾燥させていきます。
太陽の向きにあわせながら一日に何度も桶の向きを変える様子はまるでヒマワリのようです。

 

上槽

2009年4月 2日(木)

本日、木桶造り純米酒を上槽しました!!!
IMG_1896.JPG

今年は仕込み後、25日目での上槽です。
香りは去年より華やかで、若干、酸味が強い印象で、更に木の香りと、生モト独特の味わいがより現れた酒に仕上がりました。
IMG_1897.JPG

1週間後には、早くも2回目の仕込みを控えており、木桶に休む暇はありません!!!

 

13日目

2009年3月21日(土)

IMG_1892.JPG

13日目のもろみです。

表面を覆っていた泡は落ち着き、今は発酵によって生じる泡が、盛んにはじける様子が見ることができます。
もろみ自体もだいぶ液状になってきて、品温も安定しています(^-^)

 

4日目

2009年3月12日(木)

IMG_1869.JPG

4日目のもろみです。
昨日に比べると表面の泡が増え、相変わらず発酵は旺盛です!
写真を撮るためにカメラを構えると、発生している炭酸ガスによって随分息苦しく感じるほどです。

そして、今日からはきちんと写真に日付を写しこんでいます!蔵の中から「去年の写真と変わらんのぉ」というクレーム(意見)が出たため、間違いなく今年の様子であることを証明できるようにしたというわけです!(笑)

しかし写真の撮り方が下手なのは相変わらずで・・・↓
皆さんの中で、「こんなところが見たい」とか「こんな撮り方はどうか」といった意見がございましたらぜひとも遠慮なくコメント欄に書き込んでください(^-^)

 

3日目

2009年3月11日(水)

 IMG_1861.JPG

木桶仕込み純米酒、3日目(今日)のもろみです。
まだ、櫂(もろみを攪拌するための棒)を付くと、底まで届かないような硬い状態ですが、プツプツと音を立てながら、順調に発酵しているようです(^-^)

 

仕込み~第2弾~

2009年3月10日(火)

昨日、木桶造り純米酒の仕込みを行いました!

IMG_1852.JPG IMG_1850.JPG

生モトの出来も上々で、ただでさえ期待が高まるのですが、今年は、掛米(3回に分けて仕込んでいく米)を山口県オリジナルの酒米「西都の雫」に変更し、どんな酒質に仕上がるのか更に楽しみが膨らんでいます!!!

ちなみに今、蔵見学に来られますと、まさに木桶で発酵中のモロミをお見せすることができますので、個人的にはかなりオススメな時期です(笑)

 

半切り桶

2009年2月 9日(月)

「木桶造り純米酒」の発売から早1年・・・おかげさまで商品は既に完売いたしておりますが、今年もあの旨い酒を皆様に届けるために、「木桶造り」の仕込みが近づいてきました!
今年は品切れを起こさぬよう、木桶をフル回転させて増産予定ですので、より多くの方に何度も味わっていただけるかと思います(^-^)
(・・・とは言いましても、木桶造り1本が出来上がるまでには、短くても1ヵ月半以上はかかってしまうため、今のところ2回仕込むのが限度なのですがm(_ _)m)

そして今年からは更に、生モトの「モト摺り」という、米を摺りつぶす工程の際に使用する、半切り桶も木製のものを発注し、使用しています!

IMG_1793.JPG

大きな木桶と同じように、何度か洗って干してを繰り返し、

IMG_1811.JPG

そして早速、実際に使いました!

これまでのステンレスの半切りと比べて、底がザラザラとしていて抵抗がありますので、摺りつぶしやすく、使い心地も◎です。

昔の先人達は皆あたりまえに、この木の半切りで、生モト造りをし、木桶で仕込んでいたのですから、21世紀の現場で同じ作業をしていると思うと、なかなか感慨深いものがあります。
これも一つの「あたりまえのことをあたりまえにやる」ということで、旨い酒ができるわけです(^-^)

 

いまさらおけを考える会

2009年1月 5日(月)

 ずいぶん前の話になってしまいますが、昨年の12月21日に六本木ヒルズにて桶仕込み保存会主催の「いまさらおけを考える会」が開催されました!

「いまさらおけを考える会」といえば、3年前の2006年に開かれた第1回の会に社長が参加し、ビビビッと何かを感じ取ったことで、弊社の木桶仕込みへの挑戦が始まったという、いわば原点ともいえる会。
今回は、その桶仕込み保存会がNPO法人となったことを記念して第2回目が開催されたというわけです。

event2008.gif

しかも今回は、弊社の木桶仕込みへの取り組みを評価していただき、社長と桶担当者がパネルディスカッションにも参加するという、大変ありがたい席を設けていただきました。
本来ならば、この場を借りて皆様にも告知をして参加していただきたかったのですが、事後報告となってしまい申し訳ありませんm(_ _)m

当日はというと、年齢も幅広くたくさんの方に来場していただき、とても盛大な会となりました!
IMG_1727.JPG  IMG_1722.JPG

一度は酒造りの現場から姿を消した木桶・・・しかし決して「悪いから消えていたのではない」ということに、多くの方が気付き始めたことと思います。

 

木桶造り純米酒 発売!

2008年10月10日(金)

遂に、木桶仕込みの酒が発売になりました!

kiokejikomikirinuki.jpg

新しい木桶を作るため、錦川上流の杉を切ったのが2006年春・・・そこからおよそ2年半もの歳月をかけての完成となりました。
味わいは、あえてここで申し上げず、皆様の舌で確かめていただければ良いのですが、一つだけ注意していただきたいことがあります。
「木桶仕込み純米酒」は、木桶仕込みであって、「樽酒」ではございませんので、木の香りがプンプンするようなお酒にはなっておりません!

五橋としましては、木桶仕込みの味噌や醤油がそうであるように、「特段、強烈な木の香りがあるわけではないんだけども、何か旨い!」という木桶のパワーが感じられるものを目指して仕込みましたので、その辺りを感じながら楽しんでいただければと思います!!!

木桶造り純米酒チラシ(桶カラー】.jpg

 

ビン詰め

2008年9月 9日(火)

木桶仕込み酒の、ビン詰めが行われました

IMG_1560.JPG

4/5に搾った後、ろ過を行い、約5ヶ月の間タンクにて熟成させていた「木桶仕込みの酒」。
これからビンの中で、更に約1ヶ月の熟成を経て皆様の元へお届けとなります。

発売日 10月7日

約2600本の限定発売となります!ご予約はお早めに!!!

ちなみに、発売に先立ちまして10月4日に木桶の特別番組が放送されます!
これまでも、熱血テレビで経過がちょこちょこ放送されていましたが、その総集編となります。
とは言いましても、未公開映像もたっぷり盛り込んだ内容になっているようで、木桶仕込み酒に込められた五橋の思いをあらためて感じ取っていただけるものと思います!

放送日 : 10月4日(土)
時間 : 13:00~14:00
放送局 : KRY(山口放送)

今回の番組は、五橋始まって以来(?)の長期取材で約2年もの間、KRY(山口放送)さんがずっと取材をしてくださいました。
そのため、実は普段は他の方には見られないような早朝・深夜の作業や親睦会の様子なども映っており、日に日に疲れが隠せなくなる顔や、熱く思いを語る場面など、蔵人としては若干恥ずかしい面もあらわになっています。
そんなおもしろい内容盛りだくさんのこの番組と、実際の木桶仕込みの酒、乞うご期待!!!

 

日光乾燥

2008年5月 2日(金)

日光乾燥
本日、屋上に持って上がり日光乾燥に入りました!

通常は桶を横に倒して、北向けや南向けといった桶を向ける方向で乾燥具合を調整していくようなのですが、会社の構造上の都合もあり、五橋では蔵の中でゆっくり乾燥させた後に日光乾燥をするという方法をとることにしました。

酒は今秋の発売に向けて熟成中ですが、桶も来期に万全の体制をとれるようにしっかりとメンテナンスが欠かせません。

 

ろ過

2008年4月28日(月)

IMG_07041.jpg ろか後のお酒

搾った酒は、滓(オリ)を沈殿させた後、ろ過されました。

旨味がたっぷりある酒なので、それを生かすためにも素ろ過で行いました。

ろ過後、まったく同じ条件で、タンクだけ木桶ではなくステンレスタンクで造った酒と利き比べてみましたが、
やはり味も香りも明確に違っていました!
「気のせい」ではなく「木のせい」のようです!!

 

上槽

2008年4月 5日(土)

 

IMG_06381.jpg IMG_06421.jpg  空になった木桶   

 

遂にこの日を迎えました!! !

五橋、大桶仕込みの酒、上槽です!
発酵がずっと旺盛で、最後のほうは品温を抑えて抑えての上槽となりました。

通常、搾った直後の酒は、まだ荒々しさが目立つのですが、木桶で造った酒は搾った直後にも関わらず丸みがあり、優しい口当たりでした。
また、旨味がしっかりとありながら、且つキレも良く、大満足の出来です!

 

21日目

2008年4月 3日(木)

 IMG_06371.jpg IMG_06361.jpg
21日目のモロミです!

見た目は変わらないので、朝夕の櫂つきの様子を撮ってみました。
モロミ担当の中村さんに木桶のモロミについて聞いてみたところ、「櫂をつくたびに木のイイ香りがたって、イイ感じ!」ということでした。

発酵はあいかわらず旺盛で、順調な経過です!

 

8日目

2008年3月21日(金)

 IMG_06291.jpg IMG_06251.jpg

大して変わり映えのない写真ですが・・・木桶8日目の様子です。

仕込み後3日目に品温管理のための蛇管を入れ、現在は約12℃で発酵しています。
生モトを使用していることも関係しているのでしょうが、これまでの傾向から見ても、木桶は発酵が力強いです!

 

仕込み

2008年3月14日(金)

IMG_06231.jpg 

遂に、新製品となる大桶仕込みの酒を仕込みました!

米は自分たちで作った山田錦を77%精米し、モトは生モトで・・・と、とことん手作りにこだわってみました!
これまでの湯ごもりと、2回の慣らし仕込みによって、たいぶクセは落ち着いてきており、どんな酒が出来上がるか私たちも楽しみです。

木桶のパワーに、乞うご期待!!!

 

桶輪

2007年12月15日(土)

 IMG_0546_11.jpg IMG_05461.jpg

桶はイマ、湯ごもりも終わり、仕上げにアルコール殺菌を行って次に使用するまで待機状態です。

そんな一仕込み終えた桶には、もろみが入っていた跡がつきました。
木が年を重ねるごとに年輪を増していくのと同じように、桶も仕込みごとに桶輪をたくわえていくようです。

 

桶の香り

2007年11月20日(火)

 IMG_05301.jpg IMG_05381.jpg

木桶にて仕込んでいた酒が無事搾られました。
やはり搾った直後にも関わらず多少、色のついた酒となりました。

それに伴って、次回の使用に向けて、また湯篭りの開始です。
これまでは洗っている最中、木の香りしかしなかったのですが、それに酒の香りがプラスされ、やっと少しだけ、年期の入った「ベテラン桶」に近づいたという感じです。

 

木肌

2007年11月 5日(月)

IMG_04961.jpg

写真をご覧ください。
上と下のほうでは色が違っているのがお分かりいただけますでしょうか?
決して誰も、何もしていないのですが、なぜか木肌が湿っているのです!

おそらく、木がモロミの水分を吸い上げて、このような現象がおきているのだと思われますが・・・どれほどの欠減量になるのか少し楽しみです。

 

品温管理

2007年11月 1日(木)

 IMG_04921.jpg IMG_04901.jpg

通常、五橋ではモロミの品温管理には、タンクの外側には冷水を回すという手法をとっています。
しかし当然、木桶は外側に水を回すことができません。

そこで金属製の筒を入れることで品温管理をしていきます。
それでもやはり思い通りに進めることは難しく、杜氏も「すごいのぉ~」と驚くほどの力強さで発酵しています。

 

初仕込み

2007年10月31日(水)

 IMG_04851.jpg IMG_04891.jpg

「今日の五橋」でもお伝えしている通り、諸事情により樽酒の発売は延期させていただくこととなりました。誠に申し訳ございません。

さて、空っぽになっていた木桶での初めての仕込みです。
この酒は木のクセが相当出ることが予想されるため、他の酒とのブレンド用とし、販売予定はございませんが、木桶に初めてモロミが仕込まれた記念すべき瞬間です。

ちなみに、皆様に楽しんでいただく大桶仕込みの酒は、3月の仕込み予定です!乞うご期待!

 

樽(桶?)酒

2007年10月11日(木)

 

IMG_04361.jpg 

 

今日は木桶納入記念として発売を予定している「樽酒」の貯蔵の様子です。

木桶に貯蔵した酒は、ほのかな木香がつき、木桶でなければ生まれることのない特有の個性を手に入れます。
「桶の歴史」ページでもご紹介している通り、室町時代~昭和初期までの人々は例外なくこのような木香と共に日本酒を楽しんでいたのです。

現代の技術によって造られた酒が、先代たちの貯蔵方法によってどのような変化を遂げるのか楽しみです。

 

テレビ取材

2007年9月14日(金)

IMG_03611.jpg

山口放送(KRY)さんがテレビ取材に来られました。
熱血テレビ内の1コーナーとして、木桶の特集をずっと取材していただいていますが、その続編の取材です。

今日は第6回目の湯ごもりを行い、その様子を取材されました。

 

検定

2007年9月10日(月)

IMG_03481.jpg IMG_03501.jpg IMG_03541.jpg

今日は検定が行いました。

酒造りに使われる容器は、税務署に容量が何L入るものなのかを報告しないといけません。
水をいっぱいに張ってから、流量計を使って抜いていき、一定の間隔ごとに測定していきました。

その結果、3600Lの予定でしたが、実際は約3900Lでした。でかっ!!!

 

初・湯ごもり

2007年9月 3日(月)

 IMG_02971.jpg IMG_03261.jpg

早速、「湯ごもり」にはいりました。

湯ごもりとは、その名の通り、桶に湯を張って蓋をし、数日置いておくことをいいます。
これは木の隙間を埋めたり、アクを溶出させる効果があります。
特に新桶はアクが強い傾向があり、今年は、湯ごもりして→洗ってという操作を40回以上は繰り返さないといけなくなりそうです

 

納入

2007年8月31日(金)

IMG_02651.jpg

ついに20石の大桶が岩国にやってきました!

山口県の杉が、大阪で立派な桶になり、そしてまた故郷の山口へと帰ってきたのです。

IMG_02731.jpg IMG_02841.jpg IMG_02941.jpg

トラックからおろされた大桶は、社員一同が見守る中、社長と杜氏により一筆入れられ、無事に蔵へと据えられました。
桶修行のとき以来、約2ヶ月ぶりの再会(?)となったわけですが、竹タガの色も変わり、改めてその大きさに驚きました。

 

大阪府 堺市

2007年8月20日(月)

DSC000531.jpg

木桶はイマ、大阪の堺市にある株式会社ウッドワーク(藤井製桶所)にて、納入の日まで待機中です。

そして待望の納入日が決定いたしました!
8月31日、ついに岩国に20石の大桶がやってきます!

PAGE TOP