トラタンひやおろし【1699杯目】

五橋が山田錦の契約栽培をお願いしているトラタン村。

山田錦栽培の権威である永谷先生に栽培適地だと太鼓判を押され、栽培指導をしていただいたのがおよそ20年前。
年を追うごとに栽培技術も進歩し、毎年良質の山田錦を収穫していただいているのですが、そんなトラタン村でも規格外米が出てきます。
粒が小さかったり、未熟だったり、虫害が出たり。
規格外米だからといって、おかしな米ではないのです。
トラタン村民が丹精込めて作った山田錦。ただちょっと規格から外れちゃってるというだけのこと。
で、その規格外米を原料米に醸したお酒が「トラタン」なのです。「取らぬ狸の皮算用」がその村の語源になった「トラタン村」ですから、取らぬ狸の皮算用をしながら山田錦を作ったら規格外だったって、これ笑い話か?っていうくらいのすばらしいお話。
そんな商品です。
あ、酒質の方は規格外は規格外でも「規格外の旨さ」(になってるといいなぁ)のはずですから(´ー`)ノ
9/9出荷開始。
数量限定です。
品切れの際はご容赦くださいませ。
(業務部 大下)
PAGE TOP