山口県新酒鑑評会の結果【1655杯目】

ご報告が遅くなってしまいましたが、先に行われました「山口県新酒鑑評会」におきまして、
「吟醸酒の部」、「純米酒の部」の両部門で最優等賞を受賞いたしました。

昨年に引き続いての2冠達成の快挙でございます。
皆様の御期待にお応えすることができましたこと、うれしく思います。

昨今は「山口県の地酒」の評価が少しずつ高まってきているような雰囲気を感じております。
これも山口県内の蔵元が切磋琢磨してきたことの結果なのでしょう。
そうした中での最優等賞ですから身が引き締まる思いです。

我田引水的に一点付け加えますと、
弊社の出品酒は山口県のオリジナル酒米「西都の雫」で醸した大吟醸です。
古くから業界には山田錦神話(もっと言えば兵庫県産山田錦)があります。
ですが、山田錦以外の酒米でも、
他県産の米を買い求めなくても山口県産米でも、
高い評価をしていただけるお酒は醸せるのです。

山口県の酒蔵として当たり前の酒造り。
山口県産米で皆様に喜んでいただけるお酒を醸すこと。
なんとなく、そんな気がしています。

(業務部 大下勝己)

もっとも、山口県産米が手に入らないとどうしようもないんですけど(-。-;

PAGE TOP