純米古酒販売開始【1603杯目】

平成10酒造年度醸造で、平成11年5月に岩国市内の洞窟で貯蔵を始めたお酒があります。
年間を通じて、洞窟内の温度はほぼ13度。光を通さない漆黒の闇の中、13年以上もの間、ゆっくりと熟成を重ねたその酒は、どのような味わいになっているのでしょうか。
皆様の舌でお確かめください。
五橋 純米古酒」は約300本の数量限定商品です。
ご興味のおありの方はお早めにお試ししください。

(業務部 大下勝己)

PAGE TOP