卓球はピンポン?【1579杯目】

どうでもいいタイトルのようですが、どうでもよくないのです。
突然頭に思い付きました。
卓球は「table tennis」なのに、なんで「ピンポン」って言うんだろうと?

ネットで調べてみると次のように書いてあります。
『卓球は英語では「table tennis」ですが「ping-pong」とは卓球用品の登録商標で、圧倒的なシェアを誇ったため「ping-pong」が「table tennis」の代名詞となったようです。』
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q134894943

すごいことですよね。
スポーツの名前が代名詞で呼ばれるんですよ。

インスタントカメラは「ポラロイド」。
トラックについているクレーンは「ユニック」。
コピーを取ることを「ゼロックスする」(人生の先輩が使われます^^;)

商品名やメーカー名がその物自体を表すような現象って、すごすぎますよね。
上の例で言うと、キャノンのコピー機でコピーする時にも「ゼロックスしとって」って言うわけですよ。
「タダノ」のユニックなんて言ったりするわけですよ。

例えば日本酒のことを「五橋」って呼ぶようになった場合に、
月桂冠を飲みながら、「おぉ~やっぱり五橋はうまいなぁ」と。
するとちょっと詳しい人が、「それは五橋じゃなくて月桂冠ですよ。」と。
でもよく分かってない人は「月桂冠の五橋だろ?」と。

あー、書いてて良く分からんことなってきました。

(業務部 大下勝己)

PAGE TOP