山口県新酒鑑評会で最優等賞【1567杯目】

先に行われました山口県新酒鑑評会で「五橋 大吟醸 西都の雫」が最優等賞を受賞いたしました。

発表は4月15日。
県内18場の全蔵元が集う新酒発表会です。

もちろん私どもは結果を知っているわけですから、
早く言いたくて言いたくてウズウズ(^。^)

定員を超えるご応募があったようで、大盛況の会だったようです。
会の様子は画像はありませんが・・・(^^;

20120417b.jpg

最優等賞を受賞したのは「五橋 大吟醸 西都の雫」
山口県のオリジナル酒米で醸した大吟醸。
精米歩合は40%です。

このくらいまで精米すれば、あとは技術力の問題です。
磨いただけではいい酒にならないと言うのが酒造りの難しい所。
米を磨かず、技術を磨く。

あら?けっこういいこと言っちゃいました? \(\▽\)/

 

  20120417c.jpg 

そして、こちらが今回の受賞酒一覧です。

若干の変動はありますが、一部は固定化してきているような感じがあります。
それはもちろん、技術が安定しているということ。
すなわち技術力の高さを表しているわけです。

最近、山口県の酒蔵は全国的にも注目されています。
それはもちろん、おいしいお酒が多いということで注目されているわけでしょう。

山口県だけでも18場。
いろんな種類のお酒があります。
どうぞ皆様の自慢の(!?)舌で、お好みのお酒を見つけてください。

 

(業務部 大下勝己)

PAGE TOP