カケチカラ【1468杯目】

伊勢神宮で行われる神嘗祭の際、
使われる懸税(カケチカラ)が社長の手元に。

というのも、今年は岩国イセヒカリ会で育てたイセヒカリが
懸税として使われるからなのであります。

この懸税に選ばれることは相当な栄誉だということでして、
五橋の御祭全般をお願いしている宮司様に
わざわざ持ってきていただいた次第でございます。

神様のご加護がありますように。

ところで、懸税というのは、写真の背景に吊るしてある稲のように、
神宮の柱にかける稲穂のことなんだとか。
伊勢神宮の新嘗祭の時は天皇陛下が御所で育てられた稲穂も祭られるということですから、同じ場所に祭っていただくことになるんだそうです。

(業務部 大下勝己)

PAGE TOP