プラン田 IN FRONT OF 五橋【1462杯目】

五橋では数年前から会社の前のプランタで、山田錦とイセヒカリの稲を栽培しています。

というわけで、こちらをご覧下さい。

220824a.jpg

当然秋になれば稲穂が黄金色に輝き、
会社を通られる方々に秋の訪れを感じさせる標となり、
時にはスズメの食料(!)になったりするわけです。

こういうお米が日本酒になるのだと、見ていただくことも必要なのでしょう。
ごく一般的に「山田錦は普通の稲より背が高い」なんてことを言いますが、
百聞は一見にしかずなのですから。
そして、背の高さよりももっとはっきりと分かる違いがあるのです。
それがこれ。

220824.jpg

右が山田錦、左がイセヒカリなのですが、
イセヒカリにはすでに穂がつき、山田錦はまだ。
これだけ見ても、品種の違いは明らかなのです。

お酒の説明だけしたのでは50点。
原料米の説明が出来て75点。
そのお米までお見せできたら100点でしょうか?

会社前のミニ水田、五橋プラン田。
こういうお米から「五橋」が醸されるのだとしみじみ・・・はしません・・・か。
お近くにお立ち寄りの際はご見学下さい。

(業務部 大下勝己)

PAGE TOP