飲酒運転の撲滅を願う【1262杯目】

酒が原因の痛ましい事故が起こってしまいました。
居酒屋とスナックでビールと焼酎を飲んだ酔っ払いが、そのまま車を運転。
その後彼が引き起こした事故は、すでに皆様ご存知のとおりです。
「飲んだら乗らない」は社会人としての当然のマナー。

しかし、このマナーを守れない社会人が少なくないのもまた事実。
飲酒運転の罰則が厳しくなったのが2年前でしたでしょうか?
残念ながら、飲酒運転(酒気帯び含む)で検挙される人の数は増えているんだとか。

罰金が最高で30万円。
さらに15点減点の一発免許取り消しでしたっけ?
一見厳しい罰則のようですが、まだまだ甘いんでしょうね。
30万円くらい楽に払える。
免許取られても無免で運転できる。
だから自分は「飲んでも乗る。乗っても飲む。」
そんな考えの酔っ払いドライバーがまだまだ日本には多数いるのです。(たぶん)

やりきれないのは被害者です。
ただ害を被っただけ。
まともな思考回路を持たない○○の自分勝手な行動のためにです。

中途半端な罰則を設けただけでは、こういう輩はこたえません。
今回の事故がこれだけの大きなものであっても、
今日も明日もあさっても、飲酒運転で検挙される人は間違いなくありますし、
場合によっては人身事故もあるかもしれません。
今回の事故の報道をラジオで聞きながら、飲酒運転をしている者がいるんです。(たぶん)

思い切って懲役刑なんかにしてやったらどうですかねぇ?
飲酒運転で懲役8年。
飲酒運転一回であっという間に転落人生まっしぐらですよ。
まともな人なら、怖くて飲酒運転できないんでしょうけど、
それでも○○○○さんがいるからなぁ。
もっとも、警察官なんかもやってますもんねぇ・・・
なんとも悲惨な事故でありました。
ご遺族のご冥福を祈りながら、飲酒運転の撲滅を望むばかりであります。

ところで、上のような痛ましい事故の後におかしな(?)ニュースが流れました。
徳島県(でしたっけ?)の人気者のアザラシが死んでしまったというニュースです。
ここだけを聞いたらかわいそうなニュースなのかもしれません。
「おかしい」なんていったら不謹慎なのかもしれません。
ですが、ニュースを見てて思わず笑っちゃいましたよ。

住民登録までされてる野良アザラシだったんですってね。
だからなんでしょうね、ものすごい人だかりで。
「ナカちゃん(という名前らしい)、ありがとう~~」とか、
「ナカちゃ~~~~~~~ん」とか、絶叫してるんですよ。
すでに死亡しているアザラシの傷口を見た人が「かわいそうやから、包帯してあげて」って。
なんだそりゃ?

いつだったか東京に出没した野良アザラシの「タマちゃん」を思い出しましたよ。
以前、このページでも書いたかもしれませんが、
ある日多摩川に野良アザラシの死体が上がった。
「タマちゃんかもしれない」と野次馬はすすり泣くわけです。
しかし、検視の結果その遺体はタマちゃんではないと。
「あ~よかった、タマちゃんじゃなくって^^」って、あんたタマちゃんと野良の区別ついとらんじゃないか。
っていうか、タマちゃん以外のアザラシにも慈悲の心もってやれよ。

・・・そういえば、タマちゃんどこ行った?

PAGE TOP