夏は冷酒?燗酒?【1247杯目】

日本の夏の風物詩と言えば、いわずと知れた「五橋 ひや」。
氷を浮かべてロックでやれば、スーイスイーのゴークゴクッ!てなもんです。
氷が溶けることでアルコール度数も下がりますし、
なんといってもあの清涼感がたまりませんわ。
まさに喉を鳴らして飲める方法です。(適正飲酒にお努めください)

しかし私にもいろんな立場がありまして、
夏の風物詩に「日本酒ロック」ばかりを勧めていてはならぬのですよ。
それもそのはず、だって、「今月のおすすめ」では
「五橋 純米酒 トラタン村山田錦全量」をおすすめしてますでしょ?
で、そこでは「40度のぬる燗で」と書いてます。
そうなんですよー。
「夏こそぬる燗」推進委員会の委員長・・・
あー、危ない、危ない。
嘘書いたらJAROに訴えられるところだった。

で、最後に言いたいのは、
ひや(冷酒)でも燗でも温度を変えて楽しめる日本酒はすばらしいと言うことですよ。(何と稚拙な表現か・・・)

「夏の風物詩」で一言。
甲子園大会が6日より開幕となります。
これも日本の夏の風物詩と言えるでしょう。
我が山口県の南陽工業は、優勝候補筆頭と言われる駒大苫小牧と初戦で当たります。
ぬぬぬぬぬぬぬぬぬー!
駒大苫小牧と言えば、居酒屋で大酒飲んで問題起こしたところでしたよねー?
そうかー、二日酔いから覚めて晴れて甲子園出場と言うわけですか。
ちょこざいな。

こんなこと書いてたら結局、オチがまとまらなくなっちゃいました。
ま、いいか。^^;

PAGE TOP