「五橋 大吟醸 西都の雫が売り切れ目前【1205杯目】

突然ですが、残念なお知らせが・・・
春の全国新酒鑑評会で金賞を受賞した「五橋 大吟醸 西都の雫」が、一時品切れに・・・
今日現在で残すところ10本ばかりに。
次の出荷は6月下旬になる見込みであります。

4月12日の発表発売以来、順調にご注文をいただいておりまして、
めでたく(?)品切れ目前となったわけでありますが、
品切れするとまたいつものあれが・・・

「いつ出るんか?」
「何本詰めるんか?」
「売る気があるんか?」
「なんで詰めとらんかったんか?」
「五橋HPは面白いのぉー」と・・・
苦情の雨嵐。
電話対応に追われるのでありますよ。
とほほほほほ。

山口県(というより関西圏)は中元時期は7月からでありますので、
需要期にはなんとか間に合わせることができるのでしょうが、
関東方面のお客様からご注文には、お答えできない見込み。
仕方ないので、「大吟醸 錦帯五橋」をお試し下さい。
あらら?これって戦略?(そこまで計画的に進められる五橋じゃありませんことよ)

いや、ですが↑で書いたことは半分冗談、半分本気。
確かに「五橋 大吟醸 西都の雫」は金賞を受賞いたしました。
「大吟醸 錦帯五橋」は(今年は)金賞を受賞していません。
だって、出品しなかったんですもの。
冷静に考えていただければ分かることなんですが、
「五橋 大吟醸 西都の雫」はいわば、手探り状態で造った大吟醸。
(もちろんそれは、五橋の技術力という裏づけがありますが)
「大吟醸 錦帯五橋」は山田錦で醸した、実績のある大吟醸。
もしかして金賞受賞酒より、いいんじゃありません?
でしょー?そうでしょー?

五橋の商品の中ではあくまでも「大吟醸 錦帯五橋」が最高峰です。
「五橋 大吟醸 西都の雫」は残念ながらNO.2に甘んじるほかないんです。
だけど、そのNO.2でさえ、金賞酒。
ということは、NO.1のお酒は・・・?

なので、仮に「五橋 大吟醸 西都の雫」が品切れしても嘆かないで下さい。
「大吟醸 錦帯五橋」があるんですから v(・v・)v

ちょっと書き方がくどかったか・・・

PAGE TOP