「今日の五橋」を出版【1166杯目】

ついにこの日が来てしまいました。
夢にまで見たあの日がっ!
先ほど某出版社から電話がありまして、「『今日の五橋』は内容、量ともに素晴らしい。」と。
「少し手を加えて本にしませんか?」と。
本のタイトルはすでに『男は度胸、お酒は五橋』に決定。
この本が適当に売れれば、かねてからいい続けてきた流行語大賞も夢ではありません。
念ずれば花開くのです。

まさにキタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!の心境v(^。^)v
日本酒の日である10月1日の発売に向けて、スケジュール調整するのであります。
苦節5年弱。
1100余を数える更新数がその苦労を物語っているではありませんか。

何を書いても反響はなし。
人はその状況を水平線への絶叫と称しました。
何を紹介してもかすりもしない。
人はその状況を永遠の0割バッターと称しました。
何年経っても進歩をしない。
人はそれを3歩進んで3歩下がる、365杯(敗)のマーチと称しました。

それが、それが・・・ついに報われる日が来たのであります。
五橋(HP)の夢は夜開くのであります。
1年、2年、3年と、五橋(HP)の人生暗かった・・・
これで私も人から先生と呼ばれるようになり、
夢のような印税生活が待っているのであります。
税務署と私の脱税知恵比べ。
うひゃひゃひゃひゃひゃひゃ。
負けるもんかーっ!

と、ここまで書き進めてきて、皆様何かお気づきになられました?
今日は何の日でしたっけ?
そう、4月1日。
うわーっはっはっはっはっは。
エイプリルフールでございます。
嘘ついてもいい日なんですよね。
なので、上で書いたこと全て嘘。うふふふ。ごめんあそばせ。

え?初めから信じてない?
「今日の五橋」ごときが本になるわけがない?
あ、え、う、い、い、いや、あ・・・
一人くらい信じてくれてもいいじゃありませんかぁーっ!
ひどいっす。
まぁ、そんな話はどうでもいいとしまして、大手出版社の方オファー待ってます。
私は逃げも隠れもしませんから。

PAGE TOP