立春朝搾りの全貌が見えてきた?【1116杯目】

ここ最近充実した(?)更新作業を行っておりますが、それもそのはず。
最近ずっと自宅更新なんですよね。
今週はずっと昼からプチ出張、
あっちで会議、こっちで会議。
なんかビジネスマンになった気分っす。

会議を理由に更新をしないのが一番簡単なんですが、
それができないのが私の心の弱さ。
ただでさえ退屈な五橋HPなんですから、
唯一のウリである毎日更新をサボっちゃうと恐らくクモの子を散らすかのように・・・

そんな事はどうでもいいんです。
今日もバシバシッと「立春朝搾り」をご紹介しちゃいましょう。

この商品についてはいろいろ薀蓄だの泣き言だの書き連ねてまいりましたが、
一番の関心ごとであるはずの商品情報についてはまだ書いておりません。
昨日、一昨日の更新のせいで、
よだれがぶら下がってしまっている皆様の姿が目に浮かんでおりますが、
よだれぶら下げてちゃ、仕事にも行けないし、買い物にもいけません。
明日からの2連休、遊びにもいけないでしょ。
なので、今日の更新でよだれが床まで垂れ下がる・・・

くだらない前置きはおいときまして、商品紹介を。

この「立春朝搾り」。
原料米にトラタン村産山田錦を全量使用しております。
その山田錦は55%まで磨かれているのであります。
身を削り、美酒にならんとするその心意気、誠にあっぱれなりっ!

仕込水はいうまでもなく錦川伏流軟水。
五橋特有の柔らかく優しい口当たりを生む、命の水でございます。

酵母には協会9号系(通称9H)を使用しておりますが、
この9Hは全国新酒鑑評会出品酒用にも使用することもある優良酵母。
香り華やかで、ふくらみのある酒質が期待されるのであります。

仕込みはすでに11日に済ませております(今日で9日目)。
2月3日から上槽を開始し、立春の日2月4日未明に搾り終えるという流れでございます。

ご予約いただいた本すだけ瓶詰めする完全予約商品で、
720ml詰、1,575円(税込)と良心価格設定。
上槽→瓶詰め→ラベル貼り→荷造り→神社で御祓い(!)して、
皆様のお手元に届くという「うひゃひゃひゃひゃひゃー!」な商品でございますですよ。

残念ながら五橋ではご予約をお受付しておりませんので、
お取扱店様までお問い合わせ下さい。→
幸福を呼ぶお酒、立春朝搾り。予約締め切りは1月26日でございます。

PAGE TOP