「和」が消える?【1067杯目】

七五三なんですって。今日。
そういえば、昨日写真館(?)から着物姿の女の子が出てきてました。
ほぉー、そうですか。そうですか。

日本は世界的に見ても、特殊な国なんだそうです。
上で書いた3行にそのキーワードがあるんですが分かります?
ダラダラ書いてもしょうがないんで、さっそく答を。
ズバリ!「着物」。
ここでは「和服」と書いたほうがしっくりくるかもしれません。

何がいいたいのかといいますと、日本人は世界にほとんど例のない、
「民族衣装を自分で着ることのできない」民族なんだそうです。
もちろん今でも年齢的な背景や、職業がら、趣味等を理由に自分で着物を着られる人もおりますが、
どうでしょう?人口の何割が着物着られるんでしょうかねぇ?

私が昨日見た女の子が次に着物を着るのは、恐らく次の七五三。
その次は成人式。
その次は大学の卒業式。
その次は結納の時で、それから結婚(自分と他人と)、それからそれから・・・

自慢じゃないですが、私は着物を着た記憶がありません。
着物を着た写真もないですから、一度も着たことがないのかもしれません。

和服、和紙、和歌、和裁、和算、和室など、だんだん廃れて、ほとんど見なくなったものもあります。
和食はここ数年、外国で注目されているようですが、「和」はやっぱ減ってるんですねぇ。
「和」といえばもちろん日本。
「和」のお酒といえば、日本・・・。
あ・・・。
やばい・・・。

PAGE TOP