日本酒が持つビハインド【1061杯目】

文化的な(?)初しぼりのご予約お申し込みページができました。
さらに昨日は文化的な(?)蔵元だよりの原稿も書き上げました。(アップはまだ)
なので、更新は手抜きです。

いつもながら、あちらを立てればこちらが立たずの仕事ぶりではありますが、
事情ご賢察のうえ、ご理解賜りますようよろしくお願いいたします。

ところで、「蔵元だより」も「今日の五橋」も私が担当しております。
蔵元だよりはどちらかというと堅物な文章で、
「今日の五橋」は砕けた感じのざっくばらん文章。
「今日の五橋」の方が肩肘張らずに書いているんで、ずいぶん楽なんですよね。
逆に言うと、「蔵元だより」はかなり言葉を選んでいるんで、ちょっと疲れます。
ですが、「蔵元だより」を書いている堅物の方が本当の私。(じゃあ、なんで疲れる?)

内容的にはきっちり文献調べながら、「日本酒」のプチ薀蓄をお届けしております。
日本の国酒でありながら、日本国民に知られていない日本酒。
日本酒のことを少し知るだけで、もっと日本酒が好きになるのです。

かくいう私も日本酒のことを知らなかった頃は、日本酒なんて見向きもしませんでした。
むしろ「嫌い」な飲み物の筆頭であったわけです。
それはもちろん学生時代のトラウマがあったからではあるのですが・・・

そんな事はともかく、日本酒は日本に根付きすぎているがゆえに、
変な先入観や、誤った情報が氾濫しすぎです。
それを蔵元だよりで・・・
と、そこまで大それたことは考えてはおりませんが、
少しでも日本酒に興味を持っていただけるような情報をお届けいたしますんで、
ちょっと堅いですが、目を通してくださいませ。

居酒屋なんかでも使えるネタもあるんじゃないですか?
って、酒の席で薀蓄語ると若い人から敬遠されるんですよね・・・

PAGE TOP