精米歩合は59.5%【1056杯目】

トラタン村民、運命の日。
そうなんです。
昨日はトラタン村で栽培してもらっている山田錦の等級検査。
伊陸(いかち)農協に米を持ち込み、朝からドキドキドキドキ。
神妙な面持ちのトラタン村民達。

左の青い帽子は鬼より怖い(?)検査員。
ちょっと風邪気味だったそうで、鬼の霍乱?
あらら、失言でした。
こんなこと書いてると評価が下がっちゃいます。

そんなこんなで無事に等級検査は終了です。
今年は台風の来襲が1回。
田植え後の渇水があったり、
その渇水により、田植えができなかったり。
ちょこちょこっと不具合もあったのですが、
まぁ、安定した収穫だったようでございます。

で、左の写真は等級検査後に精米所に運び込まれた山田錦たち。
約700俵の山田錦達でございます。
これから身を削られ、厳寒の時期に冷水で洗われ、蒸気で蒸され、あれやこれや・・・
ところで、今日入荷したばかりの山田錦を早速精米しました。
左の写真が精米機のコントロールパネル(というよりディスプレイ)。
「白米 59.5%」と書いてありますが、これが精米歩合。
純米酒用の米の精米なんですね。
きっちり精米管理ができる。
これが自家精米の強みといいますか、なんといいますか。
まあ、当たり前といえば当たり前なんですけどね。

やってることは地味ですが、きっちり精米やってます。の証拠写真でした。

PAGE TOP