世界に一つのお酒を贈ろう【977杯目】

父の日まであと10日となりました。
おかげさまで「父の日」のお酒は順調にご予約をいただいております。
ありがたいことです。

ですが、どういうわけか「父の日用 純米吟醸」のメッセージを入れることのできるやつのご注文が・・・
「父の日用 純米吟醸」のご予約をいただいても、メッセージ無しで、と。
ぬぬぬぬぬぬぬぬー。
メッセージを入れることでオリジナル性が生まれるのに。
面倒なんですかねぇ?

「父の日の生酒」の方はお子さんが絵を書くわけですから、
こちらは親がやらせるんでしょうか?
かわいらしい絵が送られてきておりますです。
未来の芸術家を思わせる絵や、
すでに完成された絵。
思わず吹き出してしまう絵と、さまざまではありますが、
もらったお父さんは感激でしょうなぁ。

で、今のところ最年少参加者は1歳!
なんとも幻想的な絵が送られておりますですよ。
著作権が発生しております(?)ので、ここで紹介するわけにはいきませんが、
事務所内ではほほえましく、その絵を見たりしたわけです。

残すところあと10日。
そこらへんに売っているありきたりの物(失礼)を贈りますか?
世界に一つだけの似顔絵つきのお酒、あるいはメッセージ入りのお酒を贈りますか?
父の日のプレゼントはお父さんのためだけのものではありません。
「情けは人のためならず」
最後は巡り巡って、お母さん、お兄さん、お姉さん、皆々さんのところに素敵なプレゼントが帰ってくるはず。

GFPAがお薦めする「父の日プレゼント」。
これを贈っておけば間違い・・・あっと、あぶないこのネタはもう古かった。

PAGE TOP