ありがとうございます。 おかげさまで平成16酒造年度全国新酒鑑評会において、金賞を受賞いたしました。 これで3年連続の金賞受賞ということで、ありがたいことでございます。 しかし、今回はただの金賞授賞ではありません。 製造社員でありながら、昨年7月1日に杜氏に任命された仲間の初めての出品酒だったのであります。 前杜氏吉永達夫が余力を残して、後任に譲った理由がこれで皆様ご理解いただけたと思います。 しかも、先に行われた酒造技能士試験においても、見事1級に合格しております。 やるわねぇ、仲間杜氏。 励ましのお言葉、ファンレターをどうそ送ってやってください。 全国の結果は「独立行政法人 酒類総合研究所」のサイトをご覧ください。 というわけで、今日はもうこのページは皆さん見ないでしょうね。 であれば、これ以上更新する必要はありません。 五橋金賞受賞の栄誉をぜひご確認くださいませ。

今年も始まりました。製造社員が作る「米作り日記」。
「酒造りは米作りから」の信念の元に行動する男達。
それが五橋の製造社員達なのであります。

米を育て、酒を醸す。
昨年は3等米という少し残念な結果ではありましたが、
デビュー戦であれだけの台風に襲われては・・・
今年は昨年ほどひどいことはないでしょうから、今年は期待できます。
去年の失敗を今年の糧とし、自分が作った山田錦で大吟醸を醸したい・・・
んー、ロマンですねぇ。

そんなことを書いてる私は、5月22日に恒例の「米作り酒造り体験」に行ってきます。
行ってきますというよりは、主催者側なので・・・
週明けには子供たちの暴れぶり(?)をご報告できると思います。
今回も定員一杯(10組限定です)のお申込をいただきまして、
うれしいくらいの人気イベントとなりました。

もっとも、最終工程の「酒造り体験」が大人数ではできないので、
人数を限定しちゃってるんですよね。
田植えと稲刈りだけであれば、50組くらいでも対応できるんでしょうが。
上の写真は過去の田植え体験の名(迷?)シーンです。
今回はどんなことが起こりますやら・・・

PAGE TOP