雪の上に 照れる月夜に 梅の花 折りて贈らむ 愛しき児もがも【921杯目】

先週末は出張に行っていたため更新をお休みいたしました。
予告無しで出張に行ってしまいまして、申し訳ございませんでした。
東京で見かけたあんなことやこんなこと。
このページで書くと問題になりそうですから、
「五橋クラブ」様への迷惑メールで公表します。
会員の皆様お楽しみに。

というわけで、一気に冬に逆戻りです。
朝目覚めると、雪が積もって・・・
暖冬、暖冬言いますけど、冷える時は冷えますねー。
3月半ばに積雪ですもの。

三寒四温なんていいますけど、差がありすぎ。
この間テレビ見てたら、暖かくなったために咲いたなんとか梅。
そこに雪が降り出して、梅の花が凍ってましたよ。
見る分にはきれいでよかったんですけど。

そこで思い出したのがあの歌。
「雪の上に 照れる月夜に 梅の花 折りて贈らむ 愛(は)しき児もがも」
大伴家持の詠った歌ですね。
日本の伝統美である「雪・月・花」。
まぁ、こんなこと書いてもまとめようがないんですけど。

気温の変化が激しいですけど、風邪などめされませんよう御自愛くださいませ。
風邪をひいたら、五橋をベースに卵酒などいかが?

PAGE TOP