決して一人では見ないでください【919杯目】

すっかり春の陽気でございます。
啓蟄も過ぎ、虫がわき出て(?)まいりました。
ついついうたた寝してしまいそうな、今日の良き日にお伝えするのは「私の恐怖の体験談」

全くのプライベートの話で申し訳ないんですが、
一昨日結婚式に出席してきました。
そこで起こった恐怖体験。
決して一人では見ないでください。

盆、正月、ならびに慶弔時。
これが3大親戚が集うイベントです。(私調べ)
そして慶弔時につきものなのは酒。

「いやぁ、最近酒に弱くなって。」
「ちょっとですぐ酔って・・・」
こんな会話があちらこちらで聞かれるようになったら要注意。
絶対にあの話題が出てきます。
「ビール飲んだ後はすぐ焼酎。日本酒はもう飲めん。」
「やっぱり焼酎がええのうー。ワシは毎晩焼酎のお湯割。」

な、な、な、なにー?
酒造メーカーに勤める私の目の前で、そんな戯言をのたまうとはーっ!
挙句の果てに「お前のところじゃ焼酎は造っとらんのか?」などと・・・
うっうっうっ。
嘆かわしいじゃありませんか。
私の伯父レベルでこういう会話になっているとは・・・

あまりにも悔しいから、「焼酎はあるけど売らんよ。日本酒なら売ってもいいけどね」と答えて差し上げました。
「なら、いらん。」とは伯父の言葉・・・

気が付けば、2時間ほどの披露宴の中で日本酒を飲んでいる出席者は皆無。
乾杯はスパークリングワイン。
その後にビールが出てきたと思ったら、ほどなくして焼酎の水割りが・・・
結局最後まで日本酒は出てきませんでしたとさ。
(私は個人的な事情により車で行ったため、ウーロン茶オンリーでした)

聞くも涙、語るも涙の恐怖体験。
私と同じ思いをしたことがある人は決して少なくないはず。

三々九度はもちろん行う。
乾杯は日本酒で。
ケーキ入刀の代わりに鏡開き。
そんな結婚式及び披露宴。
いったいどれだけあるのかしら?

PAGE TOP