大吟醸にごり酒、待ち遠しい【889杯目】

あれもこれもと、話題満載五橋HP。
話題が満載の時ほど、1点集中で商品のご案内をしていきたいものです。
そう、今一番おすすめしたいのは大吟醸にごり酒。
お客様泣かせの初しぼり同様、ご予約いただいた本数だけ瓶詰めする完全予約商品です。

で、その締切日があと10日と迫っているのであります。
締め切った後に「まだないの?まだいいでしょ?」現象は初しぼり同様。
お客様泣かせであると同時に、事務員泣かせでもあるのであります・・・

そもそもこの商品が生まれた経緯ご存知ですか?
五橋フリークの方には耳にたこのエピソードですが、
最近五橋デビューを飾られた方はご存じないはず。

再度このエピソードをご披露申し上げて、
あと10日に迫った締切日を、切迫感いっぱいのタイムリミットにして差し上げましょう。
そしてあと3週間となった発売日(2月10日)を、結婚式を迎える女性の気持ちのような、
待ち遠しく胸焦がれるメモリアルデーにして差し上げましょう。(なんのこっちゃ)

数年前に初めて発売した「初しぼり」が大賛辞を受け、社員一同喜んでいた時に、
「もっとうまい酒がある」と、「初しぼりよりうまい酒を飲んでもらいたい」と考えていた男がいました。
それが現、五橋杜氏の仲間なのです。
なんとっ!大吟醸にごり酒の生みの親が彼だったとはーっ!
(今あごを外された方、早くあごをはめてください。)

毎日搾り出される酒を利き、その酒質の全てを確認している蔵人ならではの感性でございます。
あの「初しぼり」より美味いんです。
考えてみれば「初しぼり」はいわゆる普通酒。
確かに美味かった。
間違いなく美味かった。
だけど、相手が悪いですよ。
だって大吟醸ですもーん。

ただでさえおいしい大吟醸なのに、しぼりたてでしょ?
そりゃあ、おいしいでしょー。
おいしくないわけないじゃないですか。
なのにそれが1575円(税込)?
価格設定は超良心的で、酒質設計も超良心的。
安くて、美味くてごめんなさい。

ごめんなさいついでにもう一度。
ご予約いただいた本数だけしか瓶詰めいたしません。
しかも本数も限定しちゃってます。
本当に申し訳ないんですが、美味さに免じてお許し遊ばせ。

PAGE TOP