お燗酒推進蔵元「五橋」【837杯目】

朝晩がすっかり寒くなってまいりました。
寒くなると「燗酒」という言葉がキーワードになってくるわけでございます。
面倒だからという理由と、酒のファースト化により燗酒は家庭で楽しみにくくなってきたのかもしれませんが、
そこに登場!
お手軽にお燗が楽しめる秘密のアイテム。
お燗推進蔵元「五橋」がおすすめするのはこちら。

先に行われた日本名門酒会の全国大会で発見したアイテムでございます。
今まで「燗酒、燗酒」と言い続けてまいりましたが、
言うばっかりであったという事実は否めません。
なので、このアイテム購入いたしました。

このアイテムのすばらしいところは、熱伝導率の高い錫製であるということ。
蓋がついているので香りが逃げないというところ。
また、錫が持つ特殊な効果により、
入れただけであらら不思議、酒の味が丸くなるのでございます。
残念ながらこのアイテムを皆様に斡旋するというわけではありませんので、
このアイテムに話はここまで。

先に行われた広島国税局秋の清酒鑑評会で、
五橋の吟醸酒と純米酒が優等賞を受賞したのはすでにご報告済みです。
その純米酒の品評方法というのはなんと!燗。
40度でのテイスティングだったんですねぇ。
つねづね五橋がおすすめしているぬる燗で優等賞なわけですから、
五橋の純米酒がいかにお燗向きか分かるってものです。

ここまで書き進めて、はっと気付くのはなんとなく支離滅裂な文章になっているということ。
まぁ、適当に咀嚼してください。

ポイントはちろりによる湯煎のお燗。
五橋の純米酒。
ほーら、点と点がつながった。
皆までは言いません。
賢明な皆様ならすでにお気づきのはず。

あなたはだんだん燗酒が欲しくなるー。
あなたはだんだん燗酒が欲しくなるー。
はい!催眠術にかかったあなたが真っ先に向かうのは五橋の純米酒。
そして台所へと・・・
皆様のお酒ライフがすばらしいものになりますように。

なんじゃ?このまとめかたは?

PAGE TOP