木を見て森を見ず【786杯目】

昨日はお盆のための商売っ気たっぷり更新をしましたが、
あまり商売っ気を出しすぎると、ただでさえ少ないアクセス数がさらに少なくなりそうで・・・
極めて紳士的な更新に努めている五橋HPなのであります。
武士は喰わねど高楊枝。
やせ我慢の局地でございます。

となると、やっぱり「七夕ちょうちん祭」のご報告をしなければならないでしょうね。
左の写真をご覧ください。
この美しいちょうちん並木(?)
考えてみたらこの通りは、メインストリートではないんですよね。
山口駅前の通りがメインになっている(はず)んです。

山口県では相当の集客力を誇るお祭ですから、
メインのちょうちん飾りはすごいんでしょうねぇ。
毎回「」で終わっちゃって、あとから後悔するんですが、
時間的な余裕がないから仕方ないんです。

今回もお祭途中で「ねね」が品切れしちゃいまして、
「ねねは?ねねは?」と詰問されること数度。
十分な数を持っていったつもりだったんですけど、さすが期待の新人「ねねちゃん」。
味よし、デザイン良し、価格良しの3拍子揃ったいいお酒。(自画自賛)
HPからのご注文も「いいのか?」と思うほどいただいております。
ありがたいことでございます。

お盆用に大吟醸をご提案させていただきましたけど、
「ねね」のほうが面白いかもしれませんね。
大吟醸はどこにでもありますけど、こういった発泡純米酒はどこにでもっていうわけにはいきませんもの。
親戚縁者が集うお盆休みには「ねね」が話題の中心になるかもしれませんぞ。
そんなお酒を提案できる貴方もきっと話題の中心。
ご先祖様にもお供えを。
「ねね」のご注文はこちらをクリック(1本単位からご注文いただけますです(運賃別途))→

PAGE TOP