山を守り、水を守り、良質の酒を醸す【775杯目】

有意義な週末を過ごした皆様方。
左の写真をご覧くださいませ。
先週予告していた「錦川水系云々」の写真でございます。

今年は五橋からは11人の社員が参加いたしました。
(写真は10人ですが、私が写真撮ったので11人)
川を守るために山を守る。
細かいご説明をいちいちしなくても、
どういう趣旨かはお分かりのことでしょう。

錦川上流の高鉢山の植林地の下刈り作業をしてきたのでございます。
私は今年で2度目の参加ですが、
やっぱ大変な作業です。
特に私は普段が普段だけに・・・

この写真は作業前ですから、みんな結構にこやかですが、作業終了後は・・・
来年はこの高鉢山でなく、別の山に場所を移すということですが、
すばらしい山となって私達にすばらしい水を供給して欲しいものです。

大自然の力を前にして、
人間の力で「山を守る、水を守る」なんていうことは大それたことなのかもしれませんが、
環境を破壊している張本人としては、普段の愚考を恥じながら、
少しでも地球にやさしい行動をしようということなのかもしれません。

自然の中に身をおくと、心が洗われて純粋な気持ちになることもできますから、
心機一転といったことにもつながるのかもしれません。
山を守り、水を守り、良質の酒を醸す。
この山が蓄えた水が五橋の仕込み水になるのは何十年も後の事なのでしょうが、
子孫達に良質の環境資源を残すこと・・・
んー、ちょっと話が大げさでしたか。

PAGE TOP