イセヒカリ伝説【743杯目】

以前からご紹介しようと思いながら、
タイミングが合わなくてなかなかご紹介できなかったのが左の写真。
これなんだか分かります?

会社の前にイセヒカリを植えてるんです。(もちろん仕込みには使いません)
会社前は当然水田ではないですから、プランター。
これで充分育つはずなんです。
小学校ではペットボトルで稲を育てたりしてるんですって。
(近所の子供が稲入りのペットボトルを持ってました)

で、今年から会社前にイセヒカリを植えてみようと。
通りがかりの人は「なんじゃこりゃ?」ってことになるんでしょうが、
ここでイセヒカリの説明ができますもんね。
「神の米」「奇跡の米」なんていわれていますけど、
マスコミが騒がなくなったら消費者というのは冷たいもんです。
イセヒカリの「イ」の字も言わなくなって・・・

くやしいからイセヒカリ伝説を復活させるんです。
実は家の庭にも植えました。
プランターと、鉢と、庭に直植(陸稲です)

たわわに実れば、近所のおば様たちが、「まぁ、なんざますのこれ?」なんて聞いて来る。
で、私が「おほほほほほ、イセヒカリざますわよ」と。
「あら?イセヒカリってなんざましょ?」
「イセヒカリとは**ざます」

ほら、こうすればテレビ局やらラジオ局やらマスコミ各社が取材に来ます。
ここからイセヒカリ伝説第2章が始まるんです。
ブームが来てからイセヒカリ関連商品に飛びついたんじゃ、もう遅いざますわよ。
というわけで、五橋のイセヒカリ商品はこちら。(詳しくは商品紹介のページを)
時代を先取れ!(ん?時代遅れなのか・・・?)

PAGE TOP