日本は広い【671杯目】

すっかり春の気候になりました。
と思ってたら、2、3日前に北海道では大雪ですって?
ひゃー、日本って広いんですねぇ。

で、気候も何も全く無視して、蔵元だより16年春号ができました。
といってもまだ印刷を始めた段階でして、皆様にお届けできるのは今月の末頃でしょうか。
今回のテーマは今年から変わった基準に関してなんですが、
タイミングよく基準が変わってくれたおかげで、ネタ探しに困らずにすみました。
ありがたいことです。

ところで、花見時期を間近に控えて(あと1ヶ月くらいですか)、
「花」のあるお酒の引き合いがちょこちょこ増えてまいりました。
例年のことなのできっちり対応させていただきたいと考えておりますが、
品切れする可能性も・・・
そうです。
「花ならつぼみ」です。
1仕込みで約1000本しかできませんので、どうしてもご注文が集中すると品切れが・・・
「花よりもなほ」も今春リニューアルですので、よろしくどうぞ。
桜吹雪の中で、桜の花びらがチラチラと舞うラベルのお酒を・・・
なほおいしく感じることでございましょう。
そして、「錦上添花」
錦の上にさらに花を添える。
美しいものをさらに美しくの意を名に持つこの商品も、花見にはうってつけ。
日本の国花である桜の宴をさらに盛り立てるのはこのお酒。

シーズンインする前に便乗コーナーを作りますのでお楽しみに。
季節のイベントに便乗できるのも、日本酒が季節を感じることのできるお酒だからこそ。
日本の季節は日本の酒で。
よろしくお願いいたします。

PAGE TOP