健康志向が生んだ現象【669杯目】

休み間に読んだ新聞記事で、ちょっと興味深い話がありました。
「豆乳」が過去最高の売上を記録した、というものです。
「なぜ?」
と勘ぐる事なかれ。
理由はいたって簡単。
「健康志向」です。

最近は「豆乳」独特の香りや風味をなくした商品が多く出回ってるんだそうです。
消費者があの香りや味を敬遠しているということなんでしょうね。
だから差し障りない香りにして、特徴無い味にした。
すると売れちゃうっていうんだから不思議なものです。

最近流行の乙類焼酎も、この豆乳現象が当てはまるといえるかもしれません。
以前は独特の香りやくせが敬遠されていた乙類焼酎も、
香りを押さえ、さらっとした口あたりに変えた。
いまやネコも杓子も芋焼酎みたいな感じになっているんだとか。

本来なら原料の風味や香りを楽しむはずの乙類なのに、
風味や香りを押さえることで売り上げ増とは・・・
本末転倒のような気もしますが、これも時代の流れなのでしょうか。
「原料の風味や香りを楽しむ」といえば、
せっかくの芋焼酎に梅干を入れたり、ジュースで割ったりというお客様も多くいらっしゃるとか。
わざわざ乙類を飲む必要ないです。

五橋も乙類焼酎を造っています。
まだ発売日等は決定しておりませんが、
いわゆる乙類らしい乙類に仕上がってます。
かなりいいデキだと思っています。
発売する前からこんなお願いで申し訳ありませんが、
五橋の乙類焼酎には梅干とかジュースは絶対に入れないでください。
焼酎の風味をそのままお楽しみくださいませ。

PAGE TOP