五橋、今年の抱負【637杯目】

お待たせいたしました。
昨日予告した、錦帯橋の夜明けの写真を御披露申し上げます。
いかがですか、なかなかの写真に見えませんか?
デジカメ歴3年、なんのこだわりもなく、
テクニックもなく、ただシャッターを押しただけの写真です。
なんともいえず、神々しい写真ではありませんか。

ただ、勘違いしてもらっては困りますから、この写真について解説を。
この写真は2004年の夜明けの写真です。
が、2004年の初日の出ではありません。
1月1日は全国的に曇りとの予報を受けてましたから、
早起きする気持ちはほとんどありませんでした。
それでも7時前には一応起きてはみたんです。
ですが、中途半端な天気だったんで撮影にいくのは止めました。
翌日、翌々日はなんだかんだありましたんで、撮ってません。
で、結局これは1月4日の写真でございました。

まぁ、これも「初日の出でございます」なんて書いておいてもばれないんでしょうが(これはばれます)。
「嘘は書かない。」
これは明治4年の五橋創業から伝わる教えなのだとか。(これは嘘?嘘じゃなくて冗談です)
130年を越えた今も引き継がれる五橋の精神なのでございましょうな。(かなり誇大表現)
この真摯な態度は五橋の酒質にも表れる。
当たり前の事を当たり前に行う酒造り。
これが案外難しいんです。
そして、当たり前のことを当たり前に行う日々の更新。

昨日の某新聞にありました。
【「ヒト」重視の経営に未来】と。
金と機械は嘘をつきませんが、ヒトは嘘をつく。
だからこそ嘘をつかないという当たり前のことをしなければならないのです。

当たり前のことを愚直に続けること、それが今年も五橋の抱負となるのでしょうか。

PAGE TOP