錦川水源の森づくり交流会【531杯目】

15.7.29.jpg昨日下で書いた土曜日のイベントをご報告いたします。
土曜日に「錦川水源の森づくり交流会」が行われました。(地方公共団体主催)
五橋が参加するのは今年で2回目です。
錦川の水を利用して酒を仕込む五橋としては、
錦川に恩返しをしなければ!
気合十分の4人が今回参加してまいりました。

錦川の水をただ利用するだけ利用して、
何のアクションも起こさないというのは非常識極まりない!
水の使用を禁止すべきです!(言い過ぎ)

で、今回はあんなとこ、こんなとこから100名超の方が参加されました。
結局のところ何をするのかといますと、錦町にある高鉢山というところに以前植林があったようです。
この植林地の下刈りという作業です。
植林した木が順調に育つためには、その他の雑草や雑木が不要なんですね。
なので、それらを鎌で切る。という話です。
「川を守るには山(森)作りから」という考え方は、
ある意味、「酒を造るにはまず米から」といった五橋の考えに通ずるものがあると思いませんか?

ただ酒を造る、ただ水を使う、ただ米を買う。こんなこと誰でもできるんです。
もう一歩踏み込むことが大事なんですね。
時間がかかるかもしれませんが、一歩一歩を基本から行っていけば、自ずと良い方向に道が開けるはずです。
良い酒造りのための米作りはすでに始めている五橋ですが、
良い酒造りのための水つくり(森づくり)も五橋が取り組み始めたというお話でした。

PAGE TOP