錦の上に花を添える【512杯目】

15.6.27.jpgまだご紹介してませんでしたよね?
7月1日に登場する商品のことを。
おほほほほ!
これが生まれ変わった錦上添花でございます。
(ちょっと写真失敗気味ですね。また撮り直します。)
何が変わったのかといいますと、精米歩合。
60%から55%へ。
その結果、純米酒から純米吟醸へとグレードアップしたわけです。
もっとも、60%の精米歩合であれば、純米吟醸を名乗ることもできたのですが、
控えめな五橋は60%程度で吟醸の名をかたるのはやめようということで・・・(本当に控えめちゃん)
それに伴い味が変わりました。(当たりまえ)
ほのかに香っていた吟醸香はより確かに香るようになり、
やや豊潤だった口当たりはすっきり軽く。
「錦上添花」の酒名は「美しいものをさらに飾る」という意味ですが、
まさに名は体を表す。
あれだけの酒質を誇った錦上添花こんなにも・・・
「この上ない」味の錦上添花の上があったか・・・
五橋の技術力恐るべし・・・

しかし恐るべしはこれだけではないのです。
商品コンセプトは今までどおり、「契約栽培の山田錦を全量使って醸す」
これは絶対に曲げられません。
そしてもう一つ変わらないもの。それは何か?
な・な・な・なんと!
価格据置!!!
1800mlで3000円(税別)720mlで1500円(税別)そのままで品質だけが上がっちゃったんです。
はぁ、ビックリです。

ビックリついでにもうひとつ。
実はもう1アイテム新商品があります。
これは来週のお楽しみ。フフフフフ

PAGE TOP