冬の風物詩と夏の風物詩が・・・【506杯目】

 今年2度目の台風が日本に向かっております。
明日中には中国地方にも・・・
しかしっ!私は明日は東京出張!
台風6号なにするものぞ!ってなもんです。

ところで、12日にちょっと触れた夏恒例のあの企画について、予告申し上げます。
夏恒例の企画とは「夏造り 生酒 本醸造」でございます。
五橋フリークの方は「なーんだ」と思われるかもしれませんが、
最近になってこのHPをご覧の方には、なじみのない企画だと思われます。
なので、簡単にご説明を。

natunamasyu_thumb.JPG「夏造り 生酒 本醸造」とは、その名のとおり、
本醸造の生酒を夏に造るというものです。
「そのまんまじゃーん」突っ込まれそうですが、夏に造るというのがミソです。
真夏にお酒を造るというのはほとんど聞いたことありません。
予定では7月4日に留添え、上槽が24日ごろですから、まさに真夏の仕込み。
「玉汗の 中に酒湧く 夏仕込み」という句を読んだこともありましたなぁ。(もはや古典ですが)

キンと冷えた生酒といえば夏の風物詩。
この生酒を真夏に造るんですね。
ですから当然しぼりたて。
しぼりたてといえば冬の風物詩。冬の風物詩と夏の風物詩のコラボレーション・・・(?)
ややこしい・・・

真夏に最需要期を迎える生酒ですから、
その時期に一番おいしいしぼりたてを楽しんでいただこうというのが本来の趣旨です。
近々のうちに夏造り生酒のページもアップしますのでお楽しみに。
※こちらも完全予約制でご注文を承る予定です。

PAGE TOP