2006年人類滅亡説・・・憂鬱【494杯目】

今朝の通勤途中にうつむいて登校する小学生を見ました。
「何を悩んでいるの?その小さな胸で
何を見つめているの?そのつぶらな瞳で
何を感じているの?その純真な心で
さあ、顔を上げて!太陽に向かって・・・」
などといった詩的な感情を持つことは一切無かった私。
私の前をとぼとぼ歩く彼に「早くどいてくれ」と心の中で・・・

今日の曇り空のようなくらい気持ちでの更新です。
6月の台風上陸が心配される中、昨日のテレビでは2006年人類滅亡説が!(テレビの見すぎ)
先日の東北の大地震、季節外れの台風と自然災害が日本を襲う!
「天災は忘れた頃にやってくる」とはまさにこのこと。

そこで納得です。今朝の小学生が憂いていたのが。
まさか子供には「五橋」を飲んで嫌なことを忘れようとは言えません。
無理やりに酒の話題に持っていこうとした私の姑息な手段も、空振りです。
あー、憂鬱。
この憂鬱な気分は家に帰って「晴るる」を飲んで気分が晴るる・・・(サブッ)

PAGE TOP