首吊り【457杯目】

15.4.7.jpgじゃじゃじゃーん!
左の写真は五橋HP初公開、大吟醸の首吊り写真。
「首吊り」とだけ聞けば何やら怖い響きのある言葉ですが、
こと酒の首吊りとなると、左党の方々には垂涎の一品。
パブロフの犬状態になってしまう人もいるとか。

ぶら下げられているのが酒袋。
この中にもろみが入っているわけでございます。
普通の上槽では圧力を掛けて押し出すわけですが、
この首吊りはもろみの自重だけで、袋から滴り落ちるものを集めちゃうんです。
世の中に「雫酒」なるものがありますが、まさにこれがその雫酒。
よく「酒の芸術品」なんていう表現がされますが、まさに芸術。
鑑評会出品酒クラスのお酒でございますです。

しかし、今日上槽したといえば、
「え?」4月になって大吟醸搾ってんの?」という声が聞こえてきそうです。
五橋では空調管理の充実により、春先の大吟醸造りも可能にしているんです。
まぁ、真夏に本醸造1本造っちゃってるんですから、
まだ涼しい春先であれば吟醸なんか楽勝、楽勝(大変みたいですが)
というわけで、久しぶりに「今日の五橋」のタイトルに恥じない「今日の五橋ぶり」をお伝えいたしました。
(花見の様子がお伝えできずに申し訳ありません)

PAGE TOP