米から作るヨーグルト?【411杯目】

やってしまいました。
気を付けていたつもりなのに、毎冬恒例の風邪を召しました。ゴホッ!
インフルエンザでないのが不幸中の幸い。
鼻水まみれの手でキーボードを・・・

で、風邪といえばいつだったか卵酒のレシピをご紹介した事があります。
あのときに作った卵酒があまりにもまずかったもので、
昨晩は栄養満点の甘酒にして滋養強壮を試みたのであります。
甘酒はなんと夏の季語で、夏の暑さにまいった人々が栄養補給にとっていたのです。
米から作るヨーグルト(ヨーグルト並みに栄養があるという意味でしょう)などとも言われているようです。

もともとの甘酒は麹から造るのが本式で、
酒粕から作るのはいわば便宜的なものなのですが、そんなことは気にしません。
使うのはもちろん五橋の酒粕。
以下レシピをご紹介します。

15.1.28.jpg①五橋の酒粕を適当な大きさに切る(ちぎっても大丈夫)
②しばらく水に浸しておく(時間は適当)
③②火をかけ、適当に煮る。
④適当なタイミングで砂糖を適量いれる。
⑤適当なタイミングで火を止める。
キーワードは「適当に」。
男の料理(?)ですから細かいことは気にしません。
おいしく飲めればいいのです。もっとも、正式なレシピというのがあるかどうかも怪しいですが。

皆様も寒い冬や疲れた体に甘酒をどうぞ。
酒粕はHP上では販売いたしませんので、店頭でお買い求めくださいませ。

PAGE TOP