して伝説へ…【407杯目】

15.1.22.jpg大吟醸のにごり酒の締切りが明日に迫りました。
今日現在ではなかなかの数字。
今年で3回目の大吟醸にごり酒も定着したのでしょうか。
で、個人的には私も2本ほど予約しています。
社員といえども予約をしないと買えないという、五橋の厳しい掟。はぁ、厳しすぎます。

もっとも、運送途中に破損なんかのある可能性があるわけですから、
実際にはご予約分よりは多めに詰めます。
が、予約を締め切ったとたんに、「まだいいか、まだいいか」のお問い合わせ。
基本的にはこちらはお待ちいただいて、先着順で対応させていただいてます。
ほとんど余分は詰めませんので、待っていただいた挙句に「申し訳ありません」と謝るわけです。

毎年これの繰り返しです。
ご予約はお早めにとお願いしてもなかなかお客様の心理って難しいものです。
かといって、ご予約の締切日をいたずらに伸ばしたり、
ご予約を大きく上回る数量を瓶詰めして対応するよりも、
予約した人だけが飲むことができるという希少性を大事にしたいのです。

一年に一度だけ飲むことができる酒がある。
その名は「五橋 大吟醸にごり酒」
大吟醸にごり酒 そして伝説へ・・・

PAGE TOP