冬将軍は強し【377杯目】

一気に真冬に突入です。
幸い岩国は積雪はありませんが、山口市の方では2センチの積雪があったとか。
冬将軍到来!なんて言いますが、雪の破壊力は抜群。
将軍の名に恥じません(?)
残念ながら夏将軍、春将軍、秋将軍なんていうのはありませんが、
四季のはっきりした日本にこれらの将軍がないのは・・・どうでもいいことです。

で、この寒さというのは清酒の製造にはもってこいです。
ここ数年来、暖冬異変で困惑していた酒造業界にとっては追い風、ならぬ冬の北風(?)
今年の酒質は今から期待が持てますです。
とはいっても、五橋の場合は暖冬異変に備えて冷房設備を数年前から、きっちり整備しております。
「毎年、暖冬異変なんていうんだから、これは異変ではない。」
社長の考え方は実にシンプル(単純という意味ではないです)です。
毎年暖かいのなら、それに備える。
五橋のモットーのひとつである「当たり前のことを当たり前に」やったがために、
今の設備があるわけです。

「今年は冬が暖かかったので、良い酒ができなかった」では酒屋失格ですもの(言いすぎです)
五橋は冬が暖かくても良い酒造りに努めるのですが、
できればやっぱり寒い方が・・・
身にしみるほどの寒さは大変ですが、良い酒造りにつながる寒さですので、
愛酒家の方は仕方ないとあきらめてください。冷え切った体には、心も温まる燗酒がありますから。

PAGE TOP