本物と偽物の差【312杯目】

会社の状況を特別に提供できないまま、だらだらとした更新が続いております。
おかげでアクセス数も微減。
私の更新に対する意欲も微減・・・いやいや、そんなことじゃいけません。
今日は取っておきの内容で「今日の五橋」更新を・・・できません。

昨日のテレビ番組でやっていましたが、冷凍食品ってすごいんですね。
まぁ、米を洗うのに洗剤で洗う娘さんがいる時代ですから、
レンジで温めるだけの食品は重宝されるんでしょう。
ただ温めるだけでおいしいものが食べられるなんてそんなおいしい話が・・・あるんですねぇ。

京都のどこぞの老舗のコロッケを冷凍で、
結構近い味が出来るみたいです。んー、大企業恐るべし。
そういえば行列の出来るラーメン屋の味をインスタントラーメンで再現したりしていますが、まさにあの感じ。
いったいどうなっちゃうんでしょうね。

近い味を作ろうとすればそれなりに努力されるんでしょうが、
クローン羊を作っているようなもので、なんといいますか神への冒涜じゃないですが、んー。
もっとも、それだけの味を自ら作られた方が業者に協力するわけですよね。
自分の名前が使われて、それが大量生産商品として日本中にばら撒かれて・・・

おそらくそういう形で作られた冷凍食品は、
そこら辺の奥さんが作られたものよりおいしく(失礼)なっていると思います。
ですが、所詮偽者はあくまでも偽者であって、
それを知っていながら購入される消費者がいて・・・

最近はアマとプロ、本物と偽者との差がなくなっているんだそうです。
確かにテレビではプロ顔負けの歌唱力を持った素人さんもいるし、
今回のように本物の味に極めて近い冷凍食品もある。
何がなんだか分からない時代です。
そういえば最近では警察と泥棒、政治家と詐欺師の差もなくなっているようで。

PAGE TOP