ハイソのマナー【310杯目】

ただいま出張から戻ってまいりました。
今回の出張は「第28回夏期酒造ゼミナール」なる講習会でありまして、
日本酒造組合中央会中国支部主催のものなのであります。
確か昨年のこの時期にもこの講習会のことを書いたように記憶しております。
熱心な五橋HPファンの方も記憶されていらっしゃることだと思います。

今回も、になりますがこういった講習会などに出席して、うんざりするものがあります。
大体こういう会の冒頭には
「携帯電話のスイッチをオフにするかマナーモードで・・・」などと注意事項が言われるわけです。
そのように対応すればいいんですよ。その場で。
講義の最中にあちらこちらで聞こえるわけです。ピロピロピロピロ。
今回のこの講習会は基本的には経営者または経営幹部を対象にしています。
(基本的にとかいたのは私のような平社員が行くという例外もあるから)
いってみれば社長様方ですよ。
あるいは社長様のご子息とか。
言葉が適当かどうか分かりませんがいわゆるハイソな方々。
電源ぐらい切ってください。常識が疑われます。

電車の中で大声で話す女子高生と変わりませんです。
むしろ、社会的地位があるぶん始末が悪い。

出社早々思いのたけを切々と書き綴った「今日の五橋」でありました。

PAGE TOP