ナイスショット【292杯目】

昨日予告しましたとおり、呑み切りの様子をご報告いたします。
写真をごらんいただいたら分かりますとおり、こういう雰囲気で行われております。
小さな瓶がたくさん並んでいますが、
この中にはいっているのが13酒造期(平成13年7月~14年6月)に仕込まれて、
タンク貯蔵されているものです。
春から夏にかけての熟成具合を確かめるわけです。
おかげさまで今年の呑み切りでも大きな問題はなく、ほっと一安心なのであります。

2002.7.25.jpg

2002.7.25 (1).jpg

ついでといっては何ですが、実際に流通している商品の品質についても聞き酒を行っています。
今回大絶賛だったのが本醸造の生酒。かなりの高品質だという評価をいただきました。

下の写真は呑み切りの様子を芸術的に取った写真だそうです。
製造社員の酒に対する思い入れが如実に現れた(?)ナイスショットです。

私は昨日は途中参加だったので、普通酒と市販酒だけしか利き酒しておりませんが、
どうせ私が聞き酒して感想を書いたとしても、
「ぶちうまい」とか「超うまい」とかしか書けませんので、別に良いんでしょう。

製造社員や産業技術センターの先生方から得られる好評のほうが、
皆様がたにとって有益な情報なのでしょうから。

PAGE TOP