食品の表示がややこしすぎて【273杯目】

おはようございます。
今日はこれから出張に出るために、緊急の午前中更新なのであります。
というわけで、何も新しい出来事はなく、かといって何か考えているわけでもなく・・・

そこで、今朝私が目にした新聞記事に対する思いをひとつ。

生チョコの規定が変わるんだそうです。
詳しいことは分かりませんが、チョコレートの水分含有率は15%以下に定められていて、
チョコレートに生クリームを混ぜて作る生チョコは、
生クリーム比率が高まるほど水分含有量も比例して増加。
結果的に15%を超えてしまい、チョコレートの表示が出来なくなるんだそうです。

よく分かりませんが、今まで食べてきた生チョコはそれなりにおいしかったと思います。
生クリーム比率を高めて、おいしくなる。
その結果、生チョコと表示できなくなるのであれば、違う名称でもよかったのでは?

ビール風アルコール飲料を製造して「発泡酒」の名称(酒類の種類)で販売しているところは軒並み当たっています。
もっとも、こちらは麦芽比率を下げたために、ビールよりは風味が劣るんでしょうから。
品質がよくなる生チョコのほうは「チョコレート」と表示出来ないことにむしろ胸を張ってもよかったのでは?

最近は食に対していろいろ問題が起こっているようです。(というより起こっています)
食に関しては安易な方向で物事を決定付けないほうがいいんでしょう。

それはともかく、冒頭で書きましたように、これから出張に出ます。
「今月のおすすめ」は週明けの更新にさせてください。申し訳ないです

PAGE TOP