生意気言います【265杯目】

ずっと忘れていた蔵元だよりの其の45を更新しました。
蔵元だよりを見てくださる方はどのくらいいらっしゃるのでしょう?
更新を忘れていてもクレームが入らないところを見ると、どうやらアクセス数は低いようです・・・
と、分からない振りをしていますが、本当はプロバイダのほうできっちりチェックできています。
低いんですよ。アクセス数。
アナログ版としてペーパーでも約2000部ほど発行していますが、
残念ながらこちらもあまり目を通されていないのが現実のようです。
活字離れが叫ばれて久しい昨今。
どうやらこれは事実らしいです。

蔵元だより(アナログ版)を郵送するときには、
新商品や季節商品のチラシなどを同封してご案内することがあります。
小売店さんや問屋さんに郵送するときも同様です。
今月号(6月号)には「ひや」と「夏造りの生酒」のチラシを同封していたのですが、
それでも「ひやは出ましたか?」とか、「今年も夏造りはやるんですか?」との問い合わせが・・・

内容があまりにも退屈で読みたくないというのなら、
本文の蔵元だよりに目を通さなければよいだけの話です。
新商品や季節商品のご案内は少なくとも、
お取引先様にはなにかしら情報提供としての役割があると考えていたのですが、甘かった・・・

五橋HPをチェックされている皆様は、ほぼ最新情報が入手できるのでしょうから、
HPの情報を元に最寄の小売店さんでお問い合わせしてみてください。
どういう結果が得られるのでしょう。
皆様より情報量の少ない小売店さんがあったりして・・・

「情報を軽んずるものは勝負を失する」
こんなことを書くとお得意先様からしかられそうですが、
来年の9月に酒の小売免許が自由化になります。
あと1年あるのか、あと1年しかないのか私には分かりませんが、
皆様がお酒を買いに行かれて、
店主の情報量が少ない店ではなかなか思い通りのお酒を探すのは難しいのでは?
残された時間を有効に利用するべく、日々精進なのです。

生意気言って申し訳ございません。

PAGE TOP