金で慣習が変わる【258杯目】

時はすでにお中元の時期のようです。
本日今年第一号のお中元のご注文をいただきまして、夏の到来を実感したわけであります。

関東地方と関西地方ではお中元の時期が若干違っていて、関東のほうが少し早いんだそうです。
そういわれてみれば、関東のお客様は大体7月中旬くらいまでにはお中元を済まされるのに、
関西はお盆ぎりぎりくらいまでお中元の発送があります。

以前にも書いたことがありますが、ここ数年は不況ということで、
社交辞令的な中元歳暮はやめる風潮にあるようです。
景気が日本の慣習をぶち壊したわけですから、金の力というのはすごいものです。

などと、世間話を書きながらようやく思い出しました。
あまりにも部屋が蒸し暑く、集中力が散漫になっている私ですが、
「今日の五橋」のためにネタを思い出しました。助かりました。
明日から夏仕込みの本醸造生酒を仕込みます。
詳細は明日、写真入でご紹介いたしますが、
昨年も自慢したとおり、地方の中小蔵でこういうことをやっているところは多くありません。(私は知りません)
冬の風物詩である搾りたての日本酒が真夏に味わえるってすばらしいじゃありませんか!!

2002.6.3.JPG

あっ、そうですそうです。冒頭に書いたお中元、
珍しい夏仕込みの生酒を送られるのはいかがでしょう?
搾りたてを蔵元から直送!!もらった人も、送った人も満足する一品でございます。

PAGE TOP