未来の酒米生産者たち?【248杯目】

先週の木曜日でしたか、錦帯橋解体に伴う廃材のオークションのことを書きました。
昨日ちょっと行ってきたのですが、なんと言っていいのやら・・・。
結果を言えば、「親柱」という部材を競ってみたのですが、あまりのも対抗者が強くて降りました。
話を聞けば倉敷からの来場者だそうで、親柱を2本買うつもりでやってきたとのこと。
その他の部材についても結構競り落としてましたので、かなり本気の方のようでした。
まぁ、負け惜しみ的に言えば、来年も再来年も行われるのでしょうから、来年リベンジです。
ということで、オークションの話題はこれで終わります。

続きまして、トラタン村の田植え会情報をひとつ。本日トラタン村で田植え会が行われました。
田植え会といいましても、地元の小学校(伊陸小学校)の児童さんを対象のものです。
都会ではなかなか体験できない、すばらしい実地活動です。
2002.5.20 (1).jpg

2002.5.20.jpg

作付品種はあの山田錦!!ではなくてミルキークイーン。もちもちおいしいあのお米です。
ミルキークイーンといえば、私は2,3年前に初めて聞いた銘柄でして、
かわいらしい名前のお米があるもんだなと思ったものです。
そのとき聞いた話では、コシヒカリよりおいしいとのことだったと記憶していますが、
最近はあまり騒がれていないようです。
ただの流行だったのかもしれませんが、伊陸ではしっかり植えられているんです。
全国的に作付面積が減っているとしたら、
トラタン村産ミルキークイーンが全国銘柄になることもありうるかも・・・
いずれにしてもトラタン村は良質の酒米だけではなく、良質の飯米も作っているんです。

今日田植え会に参加した児童さんたちが将来の五橋の酒米生産者候補だとすれば、
凛々しく(女の子はかわいらしく)見えてくるから不思議です。
未来の優良百姓さんたちのがんばる姿を見ながら、
ただボーっと突っ立っていた私なのであります。

PAGE TOP