総理、灯台下暗しですぞ。【244杯目】

昨日予告しましたとおり、父の日の企画を「イベント情報」でアップしました。
そうです!今年もあの企画です。
例年好評をいただいております、父の日企画も今年で早や3回目を迎えます。
日ごろの感謝の気持ちをラベルに託して、世界にひとつの贈り物いかがでしょうか?

それはそうと、最近また新聞紙上に酒税増税の話題が上るようになりました。
とりあえずは、発泡酒の値上げ(税)、それに伴うビールの値下げ(税)。
醸造酒であるワインの値上げ(税)、これは清酒並みに引き上げるというから、約2倍になります。
後は各酒類間の調整などなど、
2年間延長据え置きになっていた酒税引き上げ問題ですから、
今年はまず間違いなく国会に上るものと思われます。

政治の話は軽々に話すことは適当ではないので控えますが、
昨年末は痛みを恐れない断行内閣であるにもかかわらず回避した酒税問題です。
「庶民の痛みを恐れない」という意味だと分かった国民の怒りを買うのは必死です。
安易な増税をするよりも、身内の無駄使いを減らしたほうがよっぽど国のためになるんでしょうが、
灯台下暗しとはまさにこのことなのでしょう。

今日はちょっとシックな「今日の五橋」でありました。
明日はもう少し砕けたやつで行きましょう。

PAGE TOP