特に書くことがないので【232杯目】

昨日「蔵人紹介」のページを更新してみました。
更新というより、ちょっとした紹介だったのですが。

紹介というのが「皆造(かいぞう)」です。
「皆造って何?」ということになるのでしょうが、
「製造が終わり」ということでご理解ください。
造りが皆終わりだから皆造、これならわかりやすいと思います。
昨年の11月に蔵入りしてから約半年のつらい作業を終えた彼らが残してくれたのは、すばらしい珠玉の酒。

山口県酒造組合連合会主催の品評会では純米酒の部で県知事賞。
広島国税局管内の品評会では入賞と、すばらしい成績を収めている今年の新酒。
基本的にはタンク内で一年位熟成して出荷されことになりますから、
来春以降のお楽しみです。

「蔵人紹介」のページですばらしいお酒を醸してくれた蔵人たちの顔を拝んでください。

PAGE TOP