酒肴五昧???【209杯目】

イベント紹介のページ、またまたアップいたしました。
今日の更新は当日ご提案させていただく商品でございます。
なんといっても目玉は新酒鑑評会用の出品酒!!
あまり表に出すことは無い(昨年は出ませんでした)んですが、今年はやります。
これこそ間違いなく、一般の方は通常口にできる酒ではありません。
蔵元によっぽどコネがあるか、何かの間違いで偶然手に入るかしない限り飲めないです。
従業員である私も一年に1,2度口にできるかどうかという代物なのであります。

そのほかにも大吟醸をはじめ、吟醸酒、純米酒、樽酒などなど。
思う存分ご堪能ください(飲み放題ではありませんが・・・)
テーブルに広げられる冷用酒の数々、純米酒は湯煎でゆっくり燗をお付けいたします。
そしてキリッと冷えた本醸造生酒。飲み疲れたところに口当たりソフトなSHUAWA。
あまり口にする機会の少ない樽酒(鏡開きをしたあとにご提案いたします)
なんて贅沢なんでしょう!!

申し込み順によっては鏡開きを体験できるというレアな特典もついています。

あと、急遽決定しましたが、
飛び入り参加として大正ロマンを思わせる和服美女(コンパニオンではありません)。

当初は落語、そば、日本酒、酒器の4つの日本文化へのこだわりを謳っていましたが、
さらに和服が加わりました。
これで「酒肴五昧」(?)の出来上がりです!
「酒肴五昧」の「五」はもちろん五橋の五!!
昨年を上回るすばらしい会になることはこれでほぼ約束されました。
残る席は30席、この会に参加されて日本文化を満喫しますか?それとも参加されずに後悔されますか?

PAGE TOP