大吟醸にごりで勉強させていただきました。【189杯目】

バレンタインデーです。
バレンタインデーの起源も知らず浮かれるうら若き乙女達・・・
本質なんかはどうでもいいのかもしれません。
ただなんとなくバレンタインデー、
ただなんとなくクリスマス。
「ただなんとなく」を推し進めてきた流れが現在の状況を生んだのだとすれば、
これは先人の残した負の財産であると・・・
いや、やめておきましょう。
せっかくの楽しいバレンタインデーが台無しになりますから。

などと少しシックに始まった「今日の五橋」お相手はいつもの私でございます。
チョコレートは何個いただきました?

噂の大吟醸にごり酒の写真をようやく撮りました。

2002.2.14.jpg

↓で書いた錦帯橋の写真は撮ってません。時間が・・・

大吟醸にごりの件ですが、今年は予定より少し早く搾りましたので実は2日ほど早く出荷しました。
14日の予定が12日になったということです。
2日前に出荷したわけですから、
もうすでに楽しまれた方がいらっしゃるわけです。
ここで、トラブルといえば聞こえが悪いですが、
ちょっとありまして、この場をお借りしてご説明申し上げます。

大吟醸にごり酒は「初しぼり」「本醸造しぼりたて生」に続く五橋のしぼりたて第3弾なわけです。
しぼりたての特徴は舌に刺激を感じさせるほどのフレッシュさ!
この刺激こそがしぼりたての醍醐味といっても言いすぎではありません。
ですが、本日2件ほどお電話をいただきました。
「舌がピリピリするけどお酒がおかしいのでは?」といったものです。
最近は消費者の方が食料品に関して敏感になってらっしゃる時期ですから、お気持ちはわかります。
確かにご説明不足だったのかもしれません。
申し訳ございませんでした。

このページをご覧の皆様はしぼりたての特徴などはご理解いただけているでしょうから、
「何をいまさら」という感じかもしれませんが、
確かにこういった商品はご説明申し上げないと誤解を生む商品かもしれません。
運がよかったのか悪かったのか、昨年はこういったご指摘がなかったために、
勉強する機会が一年遅れてしまったということでしょう。
今回のご指摘で勉強させていただきました。ありがとうございました。

今後、特徴のある商品をご提供させていただく際には、
誤解を生まないようあらかじめご説明させていただくようにいたします。
今回ご迷惑をおかけした皆様にはお詫び申し上げます。
申し訳ございませんでした。

PAGE TOP