麹室に潜入、そして激写【168杯目】

今日は大吟醸用の麹造りの現場に潜入です。
昨年12月29日にも大吟醸の工事の様子をご紹介いたしましたが、
あの時は精米歩合40%の大吟醸、今回は35%のものです。
訳がありまして、ちょっと分かりにくい写真になっておりますが、
緊張感は伝わるのではないでしょうか?(無理?)

2002.1.8.jpg

この写真の中では杜氏一人しか写っておりませんが、実際には代師と麹師も作業しております。
室の中での作業風景はテレビや雑誌などマスメディアでの紹介が多いため、
イメージしやすいのではないかと思います。
大体連想されるのは上半身裸で作業している風景ではないかと思いますが、
五橋の蔵人は紳士ですからきちんと(?)下着を身に着けております。

そんな余計な話はどうでもいいんですが、
いずれにしてもこの麹が五橋を代表する大吟醸酒に使われるわけです。
春には鑑評会なんかにも出品される酒なわけですから、杜氏をはじめ、蔵人も真剣そのもの。
そんな横でアホ面で写真をとっていた私なのでありました。

 

PAGE TOP