2000円札【135杯目】

今月も残すところあと一週間。早いものです。
昨年の今ごろは「あと一ヶ月で20世紀も終る」なんてい言ってたんでしょう。
そして今年の初めには「新しい世紀の幕開け!」みたいなことを言ってたんでしょうね。
新世紀なんていうフレーズも、もはや誰も言わなくなりまして、
新世紀をネタにした商品なんかも当然姿を消したわけです。

私の記憶に間違いがなければですが、
「新世紀」「21世紀」なんていう銘柄をつけたいメーカーが多くあるということで
日本酒造組合中央会で上記銘柄の使用権を得ました。
特定の業者が上記銘柄を独占的に使えないようにと言う理由からです。
それを組合員に自由に使わせるよう配慮した。
確かこんなことがあったと思います。

新世紀に変わるということでそのくらい浮かれていたんですね。
実際に使ったメーカーがあるのかどうかは残念ながら把握しておりません。
ですが、そんなとってつけたような銘柄の商品って、なんか嫌ですよね。
買った方も「何であんなの買ったんだろう?」って、思い出すたびに恥ずかしくなるんでしょうね。

その前年には2000年と言うことで、2000年問題とかありましたね。
そのときから考えるともう2年経ってるわけですから、ひゃー!、驚きです。
そんなことがあったなんて、思い出そうとしなければ頭に浮かんできません。
本当に時がたつのって早いんです。

ところで、忘れてもいいことなんですが、
突然思い出して、「アッ!そう言えばあれって、どうなった?」って気になるものってありませんか?
私はあります。2000円札です!!
流通してもう丸一年が経つんじゃないかと思いますが、
通常の商取引の中で2000円札に一度も触れてない日本国民は私だけではないはずです。
2000円札流通記念(?)として、一升2000円の商品なんてのも出したメーカーありましたね。
2000円札ってほとんど流通しなかったから、その商品も流通しなかったんでしょうか?
便乗商法って難しいものです。

ネタがなかったので、雑談にしました。申し訳ありませんでした。

PAGE TOP